読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言語化する力を身につけるための日記

言語化する力を身につけるため、主に音楽を中心に色々なものをレビューしていくブログです。

ついつい無駄なことをしてしまう…そんなあなたへ

人間というのはついつい無駄なことに時間を費やしたりしてしまいますよね。


例えばダラダラスマホを見たり、ついついテレビを見てずっーとゴロゴロしたり…


そんなあなたに向けてそれに関して対策的なツイートを見つけたのでシェアしたいと思います。


それがこんなツイートでした。↓


【これって続けていて意味ある?みたいな作業って結構あって。この資料、整理してとっておく必要あるか?とか。そんなときに「それをとっておいて何か得したことはあるか?」という風に自分に質問してみて、即答出来ないならその意味ない作業はやめたほうがいいよな、と思った。】


これって要するに一度客観的に自分を見なくてはいけない、というなんではないかと個人的には思います。


だいたいこういう無駄なことをしてしまう時って周りが見えておらず何となくで行動してしまっているのだと思うのです。


そういう時に一度自分に質問してみて、自分で回答しようとすることによって自分の意識を回復させるのです。


そうして回復した意識で考えた結果「必要なとこを今やってるんだ!」という風にならなければそれは今は自分にとって必要のないことなんだと解釈すれば良いと思います。


当然これは無駄なことをしている最中とかではなくて、何か物事をやろうとするたんびに自分に質問すると自分にとって本当に必要なものしかやらなくなるのでは?と思います。


もし、何か感じたものがあれば実践して下さると嬉しいです。


最後までご覧頂きありがとうございましたm(__)m




『おかげさま』の意味/人生を豊かにしたい人向け

突然ですが、『おかげさま』という言葉知っていますか?

もちろん知っていますよね笑。『おかげさまで…』なんてよく言うでしょうし、人が言っている場面もよく見かけたらすると思います。

しかし、『おかげさま』という意味を真剣に考えたことがある人は少ないのでは?と思います。

そんな訳で、私なりの『おかげさま』という言葉の意味をシェアしたいと思います。




私が『おかげさま』という言葉の意味を考えるようになったのはこの本がキッカケです。

ゲッターズ飯田の運の鍛え方
http://s.ameblo.jp/koi-kentei/entry-12094427631.html

この本には『おかげさま』という言葉について次のように書いてありました。

『運は人間の影の部分に集まります。ですから、その人の影の部分がキレイだと運は溜まりやすいのです。昔の人はそれに気づいて影に様をつけ、「お陰様」と言ったのでしょう』

ようするに『おかげさま』というのは影になって光を当ててくれてありがとう。という意味なのだと思います。

例えば、何か成果を上げた人がいるとします。今この文章を読んでいる人は自分が運だと思ってください。「俺がやったんだ!」という人と、「みんなが協力してくれたから出来たんだよ!」という人がいたとしてどちらにくっつきたいでしょうか?

私は後者の方にくっつきたいですね。良い方向に運を使ってくれそうだから。

考えてみれば、こうやって立派に育ったのも親のおかげ、何か好きなものに出会って生きがいを見つけたとしたらそれに出会わせてくれた人のおかげ、恋人がいるのも自分を好きになってくれている人のおかげ、とあくまで例えですが、上げたらキリがないくらい自分という存在は誰かに影を当てて貰いながら光っている(生きている)はずです。

なので、人から影を当てて貰っていることに気づかず自分1人で自分を光らせていることが出来ていると思い込んでいる愚か者はいつか周りの影たちがいなくなっときに気づきます。

自分は影を当てて貰っていたのだと。

こうならない為には周りの人への感謝、たとえ死ぬほど努力して手に入れたものだとしても周りの人に影を当てて貰っていたからこそ手に入ったのだと、常に周りの影たちへの感謝が大切なのだと思います。

皆さんは、周りの影に感謝出来ていますか?

B'z『儚いダイヤモンド』\何か良い曲を探している人向け

今回はB'zのアルバム『BIG MACHINE』より『儚いダイヤモンド』です。

この曲は本当にカッコ良いです!私の周りにも好きな人がちらほらいます。

まず、この曲は何かのノイズのようなイントロの後、稲葉さんの歌と松本さんのギターだけで始まります。

ここがこの曲の一番の決め所なんではないかというくらいインパクト大です笑。

そして、そのままAメロを歌ったら今度はドラム等も入ってきてここから一気にバンドサウンド炸裂となります。

そして、この曲のもう1つのカッコ良いポイントは2番でやってきます。

Aメロ、Bメロと歌ったあと、サビには入らずそのままギターソロに突入します‼︎

そしてこのギターソロがまた素晴らしいんだわ〜ホントに(^-^)笑。

とにかく聴いて下さい!↓
https://youtu.be/lDmLWtNrCvk

最後までご覧頂きありがとうございますm(__)m

B'z『衝動』レビュー/何か良い曲を探している人向け

今回はB'zの2006年に発売された40枚目シングル『衝動』より『衝動』です。

この曲はとにかく爽やかな疾走感が特徴のロックナンバーです。

イントロから短いながらも疾走感溢れるギターリフ(注1)から始まり、その疾走感を保ったまま曲が進んでいきます。

Aメロではロックで定番のドコドコピッキング(おそらく聴けばあぁ〜となります笑)、Bメロではそこまでハードではないドコドコピッキングな感じが続いていきます。

そして爽快感マックスのサビのギターは「ジャーン」と気持ちよいです。

そしてギターソロでは速弾きを決めた後皆さんも学生時代に聴いたであろう音が聴こえてきます。(これは是非聴いて見てください)

それでは早速チェックしてみて下さい。
https://youtu.be/h2-W4mH156k

最後までご覧頂きありがとうございますm(__)m

注1:短く繰り返されるギターフレーズのこと

love me, I love you レビュー

今回はB'zのシングル『love me, I love you 』より、『love me, I love you 』です。


この曲はとにかくメロディーと曲の雰囲気が最高です!


ポップでノリノリなとっても明るい気分にさせてくれる曲なんですが、実はギターはめちゃくち忙しいという笑。


これは是非YouTubeでLive映像やギター動画を見て頂きたいです。


しかし、そんだけ頑張って弾いているというのに楽曲内でのギターの音はめちゃくちゃ小さいのです笑笑。


これは松本さんが楽曲の雰囲気があまりロックになり過ぎないようにと考えた結果なのでしょう。きっと。


ただギターソロはバッチリ決めてくれちゃってます笑。


歌詞の方はとにかく愛しまくろうぜ!という笑、感じの歌詞で結構耳が痛い人も多いのではないのでしょうか?


それでは今回はTV出演の映像をどうぞ

https://youtu.be/s20SF8LvSPQ


B'z『愛のバクダン』

今回はアルバム『THE CIRCLE』より、『愛のバクダン』です。

 

この曲は2005年にシングルとしてリリースされて以降Liveでの演奏頻度はえげつないですね笑。本人たちも『これさえやっとけば良いだろう』的な感じでしょうね多分笑。

 

まぁそれもそのはず、松本さんが高校生でも楽しく弾けるようにと作られた曲ですから、ポップでノリノリな曲です。

 

しかし、肝心なギターの方はというと松本さんは簡単に作ったのかもしれませんが、カッティング(注:1)が主体でギターを弾いている身としては『そうかなぁ?』という感じです笑。

 

当然B'zなのでギターソロはありますが笑、ギターソロに関しては何か特別なことをするわけではなく、こちらは松本さんも相当我慢して作ったのかなぁと推測されます笑。

 

まぁ当然Liveでは難易度アップしてますが汗。

 

それにしても、こんなポップな曲にバクダンとカタカナでつけるあたり稲葉さんは凄い発想力だなぁと感心させられます。

 

確かに『愛の爆弾』より『愛のバクダン』の方が可愛らしい感じはしますよね。

 

いや〜凄い笑笑。

 

それでは最後に2006年のLive映像をどうぞ!

3分10秒辺りからです。こちらのLiveでは、ほぼ原曲どうりのアレンジです。↓

https://youtu.be/tKuxkX09YMo

 

という訳で今回はB'z『愛のバクダン』でした!

 

注:1ギターの弾き方の1つで、普通に弾きつつも途中で音が出ない状態の音や休符を混ぜたりして歯切れよく音を短く切る演奏方法のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B'z『有頂天』

記念すべき第一回目はアルバム『EPIC DAY』より、『有頂天』のレビューです。

 

普通はこういう音楽のレビューはアルバムごとにやるのが普通なのかもしれませんが、それだと、時間もかかりますし、見る方も大変でお互いにメリットがあまりないので一曲を詳しくレビューするという形を、取らせていただいてます。

 

それに今の人はアルバムごとに曲を聴かず、シャッフルとかをしたりして、一曲ごとに聴く方が多いですしね。(本当はアルバムがごとに聴いて欲しいですが…)

 

というわけでレビュー参ります!

 

まず、この曲はイントロのアコギで弾かれるフレーズが最強にカッコ良い‼︎

 

一見誰でも思いつきそうなフレーズなのですが、聴いたことないものに仕上がっているという松本さんの職人技が感じられます。

 

そして、そのアコギのイントロが終わったら一瞬静かになり、その直後にお馴染みの松本さんのエレキ全開のフレーズが聴こえてきます。

 

サビでは、こちらもB'zお得意のエレキの音の後ろで鳴るストリングスのアレンジを聴くことが出来ます。

 

ホントにこういうメロディーが良いものの後ろで鳴るストリングスは最高です。(もちろん他の楽器もですが)

 

サビが終わるとベースソロからのギターソロです。

 

ベースソロはイントロのエレキのフレーズと同じもので、割とゆっくりなソロですが、その後に松本さんの速弾きが待っています。なので、ベースソロがゆっくりなのはギターソロの出だしの速弾きをよりカッコよく見せる為、あえて対比でゆっくりにしたのかなと勝手に思っています笑。

 

その後はサビでテンポアップしてロックに終わっていくこの曲ですが、やはりこれだけロックなサウンドでもそのサウンドに負けてない稲葉さんの歌声もホントに素晴らしいなものだと思います。

 

という訳で、第一回目はB'zの『有頂天』でした。